• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こう‐べん〔カウ‐〕【抗弁/抗×辯】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 相手の主張に対して、自己の立場を堅持して反論すること。「激しく―する」
  1. 民事訴訟で、被告が相手方の申し立てや主張を排斥するために、別個の事項を主張すること。
  1. 債務者が、相手方の請求権の行使を拒否し、その延期を要求すること。

こう‐べん〔カウ‐〕【抗弁/抗×辯】の慣用句

  1. こうべんけん【抗弁権】
  • こう‐べん〔カウ‐〕【抗弁/抗×辯】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ただ、何故それを嘘だと思ったかと云われれば、それを嘘だと思った所に、己の己惚れがあると云われれば、己には元より抗弁するだけの理由はない。

      芥川竜之介「袈裟と盛遠」

    • 」と、抗弁した。

      芥川竜之介「毛利先生」

    • ・・・じつにかの日本のすべての女子が、明治新社会の形成をまったく男子の手に委ねた結果として、過去四十年の間一に男子の奴隷として規定、訓練され、しかもそれに満足――すくなくともそれに抗弁する理由を知らずにいるごとく、我々青年もまた同じ理由によって、・・・

      石川啄木「時代閉塞の現状」