• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こう‐ほう〔‐ハフ〕【公法】 の意味

  1. 公的な関係を規律する法の総称。権力関係や公益に関する法をいう。憲法行政法刑法訴訟法国際法など。⇔私法
  • こう‐ほう〔‐ハフ〕【公法】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・万国公法を明らかにするは外務の官員たらんがためなり。

      福沢諭吉「学者安心論」

    • ・・・ひろく万国の書を読て世界の事状に通じ、世界の公法をもって世界の公事を談じ、内には智徳を脩て人々の独立自由をたくましゅうし、外には公法を守て一国の独立をかがやかし、はじめて真の大日本国ならずや。

      福沢諭吉「中津留別の書」