• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こおろぎ〔こほろぎ〕【蟋蟀】 の意味

  1. 直翅 (ちょくし) 目コオロギ科の昆虫の総称。草の間や石の下などにすみ、体色は褐色。体はやや平たく、頭部は大きく、触角が長い。雄は前翅 (まえばね) に発音器をもち、こすり合わせて鳴く。オカメコオロギエンマコオロギツヅレサセコオロギなど。古くは「きりぎりす」といった。 秋》「―や路銀にかへる小短冊/犀星
  1. 古く、秋に鳴く虫の総称。
    • 「夕月夜 (ゆふづくよ) 心もしのに白露の置くこの庭に―鳴くも」〈・一五五二〉
  • こおろぎ〔こほろぎ〕【蟋蟀】の例文

    出典:青空文庫

    • ただ、所々丹塗の剥げた、大きな円柱に、蟋蟀が一匹とまっている。

      芥川竜之介「羅生門」

    • ・・・ 法の声は、蘆を渡り、柳に音ずれ、蟋蟀の鳴き細る人の枕に近づくのである。

      泉鏡花「葛飾砂子」

    • ・・・草に縋って泣いた虫が、いまは堪らず蟋蟀のように飛出すと、するすると絹の音、颯と留南奇の香で、もの静なる人なれば、せき心にも乱れずに、衝と白足袋で氈を辷って肩を抱いて、「まあ、可かった、怪我をなさりはしないかと姉さんは心配しました。

      泉鏡花「小春の狐」