• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ごくらく‐じ【極楽寺】 の意味

  1. 神奈川県鎌倉市極楽寺町にある真言律宗の寺。山号は霊鷲山。開創、正元元年(1259)、開基は北条重時、開山は忍性。江戸時代に荒廃したが、多数の古文書・寺宝を所蔵する。

ごくらく‐じ【極楽寺】の慣用句

  1. ごくらくじざか【極楽寺坂】
    • 神奈川県鎌倉市長谷から極楽寺に通じる坂道。鎌倉七口の一つで、新田義貞の鎌倉攻めのときの古戦場。極楽寺の切り通し。
  • ごくらく‐じ【極楽寺】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・中にも極楽寺の良観は、日蓮は宗教に名をかって政治の転覆をはかる者であると讒訴した。

      倉田百三「学生と先哲」