• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こころ‐ばかり【心許り】 の意味

  1. わずかに心の一部を表したものであること。贈り物をするときなどに謙遜していう語。副詞的にも用いる。「心許りの品」「お礼のしるしに、心許り粗餐を差し上げたいと存じます」