• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ここんてい【古今亭】 の意味

  1. 落語家の芸名の一。

ここんてい【古今亭】の慣用句

  1. ここんていしんしょう【古今亭志ん生】
    • [1890~1973]落語家。5世。東京の生まれ。本名、美濃部孝蔵。天衣無縫・八方破れといわれる芸風と生活で、昭和の落語を代表する存在になった。得意の演目は「火焔(かえん)太鼓」「文七元結(ぶんしちもっとい)」など。
  1. ここんていしんちょう【古今亭志ん朝】
    • [1938~2001]落語家。3世。東京の生まれ。本名、美濃部強次(きょうじ)。5世志ん生の次男。10世金原亭馬生の弟。入門から5年という異例のスピードで真打に昇進。明快、軽妙な語り口で人気を博した。得意の演目は「居残り佐平次」「愛宕山」「文七元結(ぶんしちもっとい)」「明烏(あけがらす)」など。