• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こじき【古事記】 の意味

  1. 奈良時代の歴史書。3巻。天武天皇の勅命で稗田阿礼 (ひえだのあれ) 誦習 (しょうしゅう) した帝紀や先代旧辞を、元明天皇の命で太安万侶 (おおのやすまろ) が文章に記録し、和銅5年(712)に献進。日本最古の歴史書で、天皇による支配を正当化しようとしたもの。上巻は神代、中巻は神武天皇から応神天皇まで、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事を収め、神話・伝説・歌謡などを含む。

こじき【古事記】の慣用句

  1. こじきでん【古事記伝】
    • 古事記の注釈書。44巻。本居宣長著。寛政10年(1798)完成。文政5年(1822)全巻刊。最初の文献学的な古事記研究書。宣長の国学思想の基礎をなしている。
  • こじき【古事記】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ むかし、古事記の時代に在っては、作者はすべて、また、作中人物であった。

      太宰治「一日の労苦」

    • ・・・日本は、古事記

      太宰治「もの思う葦」

    • 古事記の「いごのふ」にも似ている。

      寺田寅彦「言葉の不思議」