• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こし‐だか【腰高】 の意味

  1. [名]
  1. 腰の高い塗り椀の称。高坏 (たかつき) など。
  1. 器物や建具などの腰の部分を普通よりも高く作ったもの。
  1. [名・形動]
  1. 人の腰の位置が高すぎて、構えが不安定なこと。また、そのさま。「―に仕切る」
  1. 態度の横柄であること。また、そのさま。「―な話し振り」

こし‐だか【腰高】の慣用句

  1. こしだかがんがら【腰高雁空/腰高岩螺】
    • ニシキウズガイ科の巻き貝。潮間帯の岩礁に多い。貝殻は円錐状で、殻高約3.5センチ、象牙色で黒点が散在する。食用。
  1. こしだかさざえ【腰高栄螺】
    • リュウテンサザエ科の巻き貝。殻高約3.5センチ。貝殻はサザエに似るが、小形でとげ状の突起がなく、色は緑褐色・赤褐色など変化に富む。房総以南の暖海沿岸に分布。食用。ごしきさざえ。いろさざえ。
  1. こしだかしょうじ【腰高障子】
    • 下部に約60センチの腰板を張った障子。室町時代の書院造りから起こった。
  1. こしだかまんじゅう【腰高饅頭】
    • 高くふっくらと作ったまんじゅう。
  • こし‐だか【腰高】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・それがまた一ト通のことなら宜いが、なかなかどうしてどうして少なくないので、先ず此処で数えて見れば、腰高が大神宮様へ二つ、お仏器が荒神様へ一つ、鬼子母神様と摩利支天様とへ各一つ宛、御祖師様へ五つ、家廟へは日によって違うが、それだけは毎日欠かさ・・・

      幸田露伴「少年時代」

    • ○西側の腰高窓の床の間よりに机を出して坐った。

      宮本百合子「無題(十二)」

    • ・・・それでも、市大会社の腰高椅子や卸問屋の地下室から来たらしい若者達はコンクリートではない水をバチャバチャかきわけ、空気と日光を感じて日曜を笑っている。

      宮本百合子「ロンドン一九二九年」