• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こす・い【×狡い】 の意味

  1. [形][文]こす・し[ク]
  1. 人を欺いて自分に有利に立ち回るさま。悪賢い。狡猾 (こうかつ) である。ずるい。「狡いやり方」
  1. けちだ。
    • 「年のくれ互ひに―・き銭づかひ/野坡」〈炭俵
  1. [派生]こすさ[名]
  • こす・い【×狡い】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その隙間の分だけ飯を節約してあるわけだと、狡いやり方に感心した。

      織田作之助「世相」

    • ・・・そして画を検査してから、「售れないなら售れないで、原物を返してくれるべきに、狡いことをしては困る」というと、「飛んでもない、正しくこれは原物で」と廷珸はいい張る。

      幸田露伴「骨董」

    • ・・・しかし思いのほかに目鼻立の整った、そして怜悧だか気象が好いか何かは分らないが、ただ阿呆げてはいない、狡いか善良かどうかは分らないが、ただ無茶ではない、ということだけは読取れた。

      幸田露伴「蘆声」