• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こっ‐か〔コク‐〕【国歌】 の意味

  1. その国と国民を象徴するものとしての歌曲。国の式典や国際的な行事などで演奏される。「国歌斉唱」
  1. 和歌。「国歌大観」
  • こっ‐か〔コク‐〕【国歌】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ と冗談めかして言ってみましたが、何だかそれも夫への皮肉みたいに響いて、かえってへんに白々しくなり、私の苦しさも極度に達して来た時、突然、お隣りのラジオがフランスの国歌をはじめまして、夫はそれに耳を傾け、「ああ、そうか、きょうは巴里・・・

      太宰治「おさん」

    • ・・・四月九日 ハース氏と国歌の事を話していたら、同氏が「君が代」を訳したのがあると言って日記へ書き付けてくれた、そしてさびたような低い声で、しかし正しい旋律で歌って聞かせた。

      寺田寅彦「旅日記から(明治四十二年)」

    • ・・・その時話していた人のその日の記念日のわけを説明する講演が終ったら、演台の下にひかえている音楽隊が高らかに、あっちの国歌になっている歌の一節を奏した。

      宮本百合子「打あけ話」