• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こ‐て【籠手/小手】 の意味

  1. 弓を射るとき、左のひじを保護するために掛ける革製の覆い。弓籠手 (ゆごて) 。手纏 (たまき) 。
  1. 鎧 (よろい) の付属具で、肩先から腕を覆うもの。袋状の布地に鉄金具や鎖をとじつけてある。
  1. 剣道で、指先からひじのあたりまでを覆う防具。
  1. 剣道で、相手の手首のあたりを打つ技。「籠手を取る」
  • こ‐て【籠手/小手】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・始は甚太夫が兵衛の小手を打った。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・何かあらずにはいられない、僕らは皆小手しらべはすんだという気がしている。

      芥川竜之介「校正後に」

    • ・・・多門は小手を一本に面を二本とりました。

      芥川竜之介「三右衛門の罪」