• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

コニセシム【太子】 の意味

  1. 《古代朝鮮語》三韓の皇太子。コンセシム。
  • コニセシム【太子】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・優しい威厳に充ち満ちた上宮太子などの兄弟です。

      芥川竜之介「神神の微笑」

    • ・・・ ゴーリキーの小説『母』の中の母親や、拙作『布施太子の入山』の中の太子の母などは、この種の道と法とに高められ、照らされた、母性愛を描いたものである。

      倉田百三「女性の諸問題」

    • ・・・そうかと思うと『源氏物語』や『続世継』などに尺八の名があり、さらに上宮太子が尺八を吹かれたという話がある、シナには唐あたりの古いところにもとにかく尺八の名がある。

      寺田寅彦「日本楽器の名称」