• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こ‐ねこ【小猫/子猫/×仔猫】 の意味

  1. 小さな猫。また、猫の子。 春》「スリッパを越えかねてゐる―かな/虚子
  • こ‐ねこ【小猫/子猫/×仔猫】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・私は、家へ来たある謹厳な客が、膝へあがって来た仔猫の耳を、話をしながら、しきりに抓っていた光景を忘れることができない。

      梶井基次郎「愛撫」

    • ・・・宅へもらわれて来たころはまだほんとうの子猫であったが、わずかな月日の間にもう立派な親猫になってしまった。

      寺田寅彦「子猫」

    • ・・・ 宿の主人が一匹の子猫の頸をつまんでぶら下げながら橋の向う側の袂へ行ってぽいとそれをほうり出した。

      寺田寅彦「さまよえるユダヤ人の手記より」