• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ごのみ【好み】 の意味

  1. この(好)み4」に同じ。「色好み」「利休好み」
  • ごのみ【好み】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「それもやはり都の好みじゃ。

      芥川竜之介「俊寛」

    • ・・・これは何も彼等の好みの病的だったためではない。

      芥川竜之介「早春」

    • ・・・……先達って、奥様がお好みのお催しで、お邸に園遊会の仮装がございました時、私がいたしました、あの、このこしらえが、余りよく似合ったと、皆様がそうおっしゃいましたものでございますから、つい、心得違いな事をはじめました。

      泉鏡花「紅玉」