• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こらえ〔こらへ〕【堪え/×怺え】 の意味

  1. こらえること。がまんすること。「一向に堪えがない」

こらえ〔こらへ〕【堪え/×怺え】の慣用句

  1. こらえしょう【堪え性】
    • つらいこと、苦しいことなどをがまんできる意地、性分。「―がない」
  1. こらえじょう【堪え情】
    • こらえる気力。がまんする意地。忍耐心。
  1. こらえぜい【堪へ精/堪へ性】
  1. こらえば【堪え場】
    • こらえなければならない時・場所。「この―をしのがなくては会社はつぶれてしまう」
    • 敵の攻撃を食い止める場所。
      「北国の勢を待つまでの―もなかりければ」〈太平記・二〇〉
  1. こらえぶくろ【堪へ袋】
  • こらえ〔こらへ〕【堪え/×怺え】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・が、それにも増して堪え難かったのは、念友の求馬を唯一人甚太夫に託すと云う事であった。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・ 理につまったのか、怒りに堪えなかったのか、父は押し黙ってしまった。

      有島武郎「親子」

    • ・・・じつに彼らは、抑えても抑えても抑えきれぬ自己その者の圧迫に堪えかねて、彼らの入れられている箱の最も板の薄い処、もしくは空隙に向ってまったく盲目的に突進している。

      石川啄木「時代閉塞の現状」