• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こん‐じき【金色】 の意味

  1. 黄金の色。きんいろ。

こん‐じき【金色】の慣用句

  1. こんじきせかい【金色世界】
    • 金色の世界。文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の浄土をいう。
  1. こんじきどう【金色堂】
    • 内部を金箔(きんぱく)などで飾った阿弥陀堂。極楽浄土を象徴する。
  • こん‐じき【金色】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・同時にまた目の前へ浮かび上った金色の誘惑を感じはじめる。

      芥川竜之介「或恋愛小説」

    • ・・・また大天使がぶりえるが、白い翼を畳んだまま、美しい金色の杯に、水をくれる所を見た事もある。

      芥川竜之介「おぎん」

    • 池の中に咲いている蓮の花は、みんな玉のようにまっ白で、そのまん中にある金色の蕊からは、何とも云えない好い匂が、絶間なくあた・・・

      芥川竜之介「蜘蛛の糸」