• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さい‐こう〔‐クワウ〕【採鉱】 の意味

さい‐こう〔‐クワウ〕【採鉱】の慣用句

  1. さいこうやきんがく【採鉱冶金学】
  • さい‐こう〔‐クワウ〕【採鉱】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 採鉱成績について、それが自分の成績にも関係するので、抜目のない課長は、市三が鉱車で押し出したそれで、既に、上鉱に掘りあたっていることを感づいていた。

      黒島伝治「土鼠と落盤」

    • ・・・たとえば五穀の収穫や沿海の漁獲や採鉱冶金の業に関しては農林省管下にそれぞれの試験場や調査所などがあって「科学的政道」の一端を行なっており、疫病流行に関しては伝染病研究所や衛生試験所やその他いろいろの施設があり、風水旱害に関しても気象台や関係・・・

      寺田寅彦「自由画稿」

    • ・・・まに吹鑠かせばなだれ落るかね鑠くれば灰とわかれてきはやかにかたまり残る白銀の玉銀の玉をあまたに筥に収れ荷緒かためて馬馳らするしろがねの荷負る馬を牽たてて御貢つかふる御世のみさかえ 採鉱溶鉱より運搬に至るまでの光景仔細に写・・・

      正岡子規「曙覧の歌」