• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さい‐さき【幸先】 の意味

  1. 《「さい」は、「さき」または「さち」の音変化》
  1. よいことが起こる前兆。吉兆。
  1. 事を始めるときに当たって何かを感じさせる物事。前兆。縁起。「―がいい」「―がわるい」
  • さい‐さき【幸先】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・大使館でその歓迎と幸先祝いの晩餐がひらかれ、私も座に連ったのですが、そのとき人見さんは一同を眺めわたしながら高々とした声で「このお嬢さん達をつれて歩くのは容易じゃありませんよ、何しろふだんは寝床をあげたこともない身分の人たちばっかりですから・・・

      宮本百合子「現実の問題」