• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さく【索】 の意味

  1. 常用漢字] [音]サク(漢) [訓]もとめる
  1. 太い縄。つな。「索条鋼索縄索 (じょうさく) 
  1. 手づるによって探し求める。「索引検索思索詮索 (せんさく) 捜索探索模索
  1. ばらばらに離れて無くなるさま。「索然索漠
  1. [難読]索麺 (そうめん) 
  • さく【索】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・人の目にかからぬ木立の間をめて身に受けた創を調べ、この寂しい処で、人を怖れる心と、人を憎む心とを養うより外はない。

      著:アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ 訳:森鴎外「犬」

    • ・・・ とるような眼をして言った。

      葛西善蔵「贋物」

    • ・・・さてはいよいよこれなりけりと心勇みて、疾く嚮導すべき人を得んと先ず観音堂をむるに、見渡す限りそれかと覚しきものも見えねばいささか心惑う折から、寒月子は岨道を遥かに上り行きて、ここに堂あり堂ありと叫ぶ。

      幸田露伴「知々夫紀行」