• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さく‐もつ【作物】 の意味

  1. 田畑につくる植物。穀類や野菜など。農作物。さくもの。「園芸―」「救荒―」
  1. さくぶつ」に同じ。

さく‐もつ【作物】の慣用句

  1. さくもつげんかい【作物限界】
    • ある作物の栽培の地理的および経済的な限界。
  • さく‐もつ【作物】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「もっとも、彼等の作物を測定器へのせたら、針が最低価値を指したと云う風説もありますがな。

      芥川竜之介「MENSURA ZOILI」

    • ・・・そして一か所、作物の殻を焼く煙が重く立ち昇り、ここかしこには暗い影になって一人二人の農夫がまだ働き続けていた。

      有島武郎「親子」

    • ・・・蒸風呂のような気持ちの悪い暑さが襲って来て、畑の中の雑草は作物を乗りこえて葎のように延びた。

      有島武郎「カインの末裔」