• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐せき【哀惜】 の意味

  1. [名](スル)人の死など、帰らないものを悲しみ惜しむこと。「―の念に堪えない」
  • あい‐せき【哀惜】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・いいえ、哀惜して居ります。

      太宰治「古典風」

    • ・・・ みずから山河巨大な中国に生れ合わした人民の一人として、中国の民衆生活を衷心から愛し、おかれている苦渋の生活を哀惜し、その未来の運命の発展に対して限りない関心をもっている。

      宮本百合子「春桃」