• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さん‐かん〔‐クワン〕【三関】 の意味

  1. 古代、都の防備のために設けられた三つの関所。平城京の時は、伊勢鈴鹿 (すずか) 美濃不破 (ふわ) 越前愛発 (あらち) 平安京に都が移ると、愛発の関が除かれ、近江 (おうみ) 逢坂 (おうさか) の関が加えられた。
  1. 奥羽白河勿来 (なこそ) 念珠 (ねず) の三つの関所。

さん‐かん〔‐クワン〕【三関】の慣用句

  1. さんかんこく【三関国】