• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さん‐ぎ【算木】 の意味

  1. で、卦 (け) を表す四角の棒。長さ約9センチで、6本あり、おのおの四面のうち二面は爻 (こう) を表し、他の二面はを表す。
  1. 和算で使う計算用具。長さ約4センチで、約0.5センチ角の木製の棒。赤は正数、黒は負数を表す。
  • さん‐ぎ【算木】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その旗は算木を染め出す代りに、赤い穴銭の形を描いた、余り見慣れない代物だった。

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・「はい、卜をいたしますが、旦那様、あの筮竹を読んで算木を並べます、ああいうのではございません。

      泉鏡花「政談十二社」