• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さんしょく‐ばん【三色版】 の意味

  1. 多色絵画・カラー写真などの原稿の3色分解撮影をし、網版法を用いてイエロー(黄)・マゼンタ(赤紫)・シアン(青緑)の3色のインキで刷り重ね、原稿どおりの色彩の印刷をする方法。→色の三原色
  • さんしょく‐ばん【三色版】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・式有色映画の示す程度までは進歩したが、その色彩はまだきわめて単調でなまなましくて、かろうじて安物の三色版の水準にしか達していない。

      寺田寅彦「映画芸術」

    • ・・・ 蓄音機でいい音楽を聞くのと、三色版で名画を見るのとはちょっと考えると似ているようで実は少し違ったところがあると思う。

      寺田寅彦「蓄音機」

    • ・・・自分は不幸にして未来派の画やカンジンスキーのシンクロミーなどというものに対して理解を持ち兼ねるものであるが、ただ三色版などで見るこれらの絵について自分が多少でも面白味を感ずる色彩の諧調は津田君の図案帖に遺憾なく現われている。

      寺田寅彦「津田青楓君の画と南画の芸術的価値」