• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

い【唯】 の意味

  1. ゆい
  • い【唯】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・おれはお前に尋ねるのだ。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・若者は挨拶の言葉も得いわないような人で、黙ってうなずいてばかりいました。

      有島武郎「溺れかけた兄妹」

    • ・・・』『それを積み重ねて、高い、高い、無際限に高い壁を築き上げたもんだ、然も二列にだ、壁と壁との間が五間位しかないが、無際限に高いので、仰ぐと空が一本の銀の糸の様に見える』『五間の舞台で芝居がやれるのか?』『マア聞き給え。

      石川啄木「火星の芝居」