• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

し‐きん【資金】 の意味

  1. 事業の元手や経営のために使用される金銭。もとで。「営業資金」「資金難」
  1. 特定の目的のために用意され使われる金銭。「住宅資金」「育英資金」

し‐きん【資金】の慣用句

  1. しきんいてんルール【資金移転ルール】
    • 海外投資について国家間で締結する投資協定において、投資先国に資金や給与を送金したり、投資先で得た収益を日本に送金したりする際に、遅延なく自由に資金を移転できるように義務づけた規定。
  1. しきんうんようぶ【資金運用部】
  1. しきんかんりだんたい【資金管理団体】
    • 国会議員・地方議員・自治体首長など公職の候補者が政治資金の提供を受け、取り扱うために設置する団体。政治資金規正法に基づいて一人につき一団体のみ指定できる。資金管理団体は政治家個人の資金を管理する団体で、個人献金のみ受け取ることが認められ、企業献金団体献金の受け取りは禁止されている。政党が設置する政治資金団体とは異なる。→政治献金
    • [補説]資金管理団体の代表は候補者本人が務める。資金管理団体への個人献金の年間限度額は一人あたり150万円。資金管理団体への企業・団体献金は平成12年(2000)1月から全面的に禁止されている。
  1. しきんぐり【資金繰り】
    • 資金の調達・運用。資金のやりくり。かねぐり。「―に苦しむ」
  1. しきんけっさいほう【資金決済法】
    • 《「資金決済に関する法律」の略称》資金決済サービスの拡充や適切な運営を目的として制定された法律。送金などの為替取引は、銀行等の金融機関だけに認められていたが、同法の規定に従い登録を行った資金移動業者にも、少額に限って認める。また、電子マネーなど前払い式の支払い手段に関しても法整備が行われた。平成22年(2010)施行。
    • [補説]前払式証票法で規制されていた商品券プリペイドカードギフト券などは、この法律では「前払式支払手段」と総称され規制を受ける。金額情報を事業者のサーバー上で管理し、利用者にはIDのみ交付されるものも規制の対象となる。乗車券や入場券などは対象外。
  1. しきんじゅようはんだんしすう【資金需要判断指数】
    • 日本銀行が主要貸出金融機関を対象に行う「主要銀行貸出動向アンケート」のうち、資金需要動向に関する調査結果をディフュージョンインデックス(DI)という指標に集計したもの。資金需要の増減を基にした経済・景気判断指標の一。3か月ごとに公表される。需要が増加(積極化・拡大)していればプラス、減少(慎重化・縮小)していればマイナス方向の指数で表される。資金需要判断DI。
    • [補説]算出方法は次のとおり。
      (「増加」と答えた金融機関の構成比+「やや増加」と答えた金融機関の構成比×0.5)-(「減少」と答えた金融機関の構成比+「やや減少」と答えた金融機関の構成比×0.5)。
  1. しきんじゅんかん【資金循環】
    • 一定期間の国民経済で、企業・家計・政府・金融・海外の各経済部門における通貨・信用の流れ。これを統計的に把握したものを資金循環表といい、日本銀行によって年間および四半期ごとに発表されている。マネーフロー。
  1. しきんじゅんかんとうけい【資金循環統計】
    • 日本国内の金融機関法人家計等と海外部門に区分した、資産負債に関する統計。預金・株式債券や、貸出など、金融商品別に集計。日銀が四半期ごとに公表している。期間中の取引による資産・負債の増減(金融取引表)、期末時点の資産・負債の残高(金融資産・負債残高表)、株価の変動等による資産・負債の評価額の変化(調整表)を扱う。
  1. しきんせんじょう【資金洗浄】
  1. しきんとうけつ【資金凍結】
    • 資金の移動や処分を制限したり禁止したりする措置。
  1. しきんとうせい【資金統制】
    • 政府が資金を必要な方面に集めるために、資金の配分について加える規制。
  1. しきんはいぶん【資金配分】
  1. しきんほけん【資金保険】
    • 保険事故が発生したときに保険金の全額を一度に支払う生命保険。一時金保険。→年金保険
  1. しきんポジション【資金ポジション】
    • 金融機関の資金過不足状況。預金受け入れや債券発行などによる調達資金と、貸し出しや有価証券投資などの運用資金とのバランスをいう。
  1. しきんメカニズム【資金メカニズム】
  1. しきんりえき【資金利益】
    • 銀行業における収益の一つで、貸付利息や有価証券利息など資金運用で得た収益から預金利息など資金調達費用を差し引いたもの。
  • し‐きん【資金】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ この土地の開墾については資金を必要としたことに疑いはありません。

      有島武郎「小作人への告別」

    • ・・・「その金はその頃競馬の資金に、細君に内緒で本の間へかくして置いたんだ。

      織田作之助「鬼」

    • ・・・ そこで、考えた丹造は資金調達の手段として、支店長募集の広告を全国の新聞に出した。

      織田作之助「勧善懲悪」