• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい‐たい【××靆】 の意味

  1. [ト・タル][文][形動タリ]
  1. 雲や霞 (かすみ) などがたなびいているさま。
  1. 気持ちや表情などの晴れ晴れしないさま。陰気なさま。
    • 「主人側の男たちは―として笑った」〈岡本かの子・河明り〉
  1. [名]眼鏡。
    • 「めがねを―と云ふ」〈養生訓・五〉
  • あい‐たい【××靆】の例文

    出典:青空文庫

    • 靉靆き渡る霞の中に慈光洽き御姿を拝み候。

      泉鏡花「一景話題」

    • ・・・…… 勿体なくも、路々拝んだ仏神の御名を忘れようとした処へ――花の梢が、低く靉靆く……藁屋はずれに黒髪が見え、すらりと肩が浮いて、俯向いて出たその娘が、桃に立ちざまに、目を涼しく、と小戻をしようとして、幹がくれに密と覗いて、此方をば熟と・・・

      泉鏡花「瓜の涙」

    • ・・・ 面影も、色も靉靆いて、欄間の雲に浮出づる。

      泉鏡花「夫人利生記」