し‐ごと【仕事】

  1. 《「し」はサ変動詞「す」の連用形。「仕」は当て字》
  1. 何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。「やりかけの―」「―が手につかない」
  1. 生計を立てる手段として従事する事柄。職業。「将来性のある―を探す」「金融関係の―に就く」
  1. したこと。行動の結果。業績。「いい―を残す」
  1. 悪事をしたり、たくらんだりすること。しわざ。所業。「掏摸 (すり) が集団で―をする」
  1. 《「針仕事」の略》縫い物。裁縫。
  1. 力学で、物体が外力の作用で移動したときの、移動方向への力の成分と移動距離との積。単位はエネルギーの単位ジュール、その他ワット秒・ワット時など。
  1. [補説] 
    2015年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2015」キャンペーンでの「仕事」への投稿から選ばれた優秀作品。

    ◆なんだかんだ言って生き甲斐だったりする。
    ハルヲさんの投稿

    ◆あらゆる場面で使われている「言い訳ネタ」の王道。
    陽一郎タニーさんの投稿

    ◆自分、あるいは家族のために頑張るもの。ただし、時には家族との大切な時間をも犠牲にしてでも頑張らないといけないもの。
    しゃけ缶さんの投稿

    ◆やればやるほど増えるもの。
    のびたさんの投稿

    ◆ブラックでも駄目、ムショクでも駄目。
    ハルクマさんの投稿

    ◆終わりが待ち遠しくて、始まりは憂鬱なもの。
    すぅさんの投稿

    ◆自分でやろうと決めた行動。その意味では自発的なものだけでなく、指示された内容も含む。福沢諭吉は世の中で一番楽しく立派なことは一生涯を貫く仕事を持つことであるとしている。
    かぁじぃさんの投稿

    ◆社会の中での自分の「役割」を見つけ、同時に自分の「志」を実現する手段。
    rakuhitoさんの投稿

    ◆与えられると窮屈になるもの。みずから掴み取るとワクワクとしてくるもの。
    みままさんの投稿

    ◆生きがいでもあり、生きる糧を得るための手段でもあり、己を見つめ直すための修行でもある、人としての真っ当な営み。
    ばってら子さんの投稿
  1. しごとうた【仕事歌/仕事唄】
    • 民謡の分類の一。生産に伴う労働・仕事の際にうたわれる歌。田植え歌・木挽(こび)き歌・酒造り歌など。労作歌。作業歌。労働歌。
  1. しごとおさめ【仕事納め】
    • 年末に、その年の業務を終えること。また、その日。 冬》仕事始め
  1. しごとがら【仕事柄】
    • 仕事の性質上。「―よく外出する」
  1. しごとかんすう【仕事関数】
  1. しごとぎ【仕事着】
    • 仕事の能率を上げ、汚れや危険を防ぐために着る衣服。働き着。作業服。
  1. しごとさき【仕事先】
    • 仕事のうえで出かけていく所。勤め先・取引先など。
  1. しごとし【仕事師】
    • 土木工事・土建工事に従事する人。とび職。
    • 事業を計画・経営するのが巧みな人。やり手。
  1. しごとだか【仕事高】
    • 仕事の出来上がりの量。
  1. しごとだかばらい【仕事高払い】
  1. しごとちゅうどく【仕事中毒】
  1. しごととうりょう【仕事当量】
  1. しごとにん【仕事人】
    • (ある特殊な)仕事に長じている人。また、ミスなく、きっちりと仕事を片づける人。
  1. しごとにんげん【仕事人間】
    • 仕事が生きがいという人。仕事一途で他に趣味などもない人。会社人間。
  1. しごとのげんり【仕事の原理】
    • 人が機械に対してする仕事は、機械が物体に対してする仕事よりも小さくならないという原理。のちにエネルギー保存の法則へと発展した。
  1. しごとば【仕事場】
    • 仕事をする場所。
  1. しごとばこ【仕事箱】
    • 仕事に使う道具を入れておく箱。大工道具箱や針箱など。
  1. しごとはじめ【仕事始め】
    • 新年になって、初めて仕事をすること。また、その日。 新年》「胸の上に―の葉書束/波郷」⇔仕事納め
  1. しごとりつ【仕事率】
    • 力学で、単位時間当たりの仕事量。単位はワット。工率。