• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

じ‐ざけ〔ヂ‐〕【地酒】 の意味

  1. その地方でつくられる清酒。特に、灘 (なだ) や伏見 (ふしみ) を除いた地方のものをさす。
  • じ‐ざけ〔ヂ‐〕【地酒】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・みしようなれど実は餡をつつむに手数のかからぬ工夫不思議にあたりて、三角餅の名いつしかその近在に広まり、この茶店の小さいに似合わぬ繁盛、しかし餅ばかりでは上戸が困るとの若連中の勧告もありて、何はなくとも地酒一杯飲めるようにせしはツイ近ごろの事・・・

      国木田独歩「置土産」

    • ・・・一升徳利をぶらさげて先生、憚りながら地酒では御座らぬ、お露の酌で飲んでみさっせと縁先へ置いて去く老人もある。

      国木田独歩「酒中日記」

    • 地酒がある。

      黒島伝治「氷河」