• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

じ‐せき【磁石】 の意味

  • じ‐せき【磁石】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 平胡坐でちょっと磁石さ見さしつけえ、此家の兄哥が、奴、汝漕げ、といわしったから、何の気もつかねえで、船で達者なのは、おらばかりだ、おっとまかせ。

      泉鏡花「海異記」

    • ・・・渠はその壮時において加賀の銭屋内閣が海軍の雄将として、北海の全権を掌握したりし磁石の又五郎なりけり。

      泉鏡花「取舵」

    • ・・・がタダ者ならず見えたので、イツモは十日も二十日も捨置くのを、何となく気に掛ってその晩、ドウセ物にはなるまいと内心馬鹿にしながらも二、三枚めくると、ノッケから読者を旋風に巻込むような奇想天来に有繋の翁も磁石に吸寄せられる鉄のように喰入って巻を・・・

      内田魯庵「露伴の出世咄」