• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

し‐だい【次第】 の意味

  1. [名]
  1. 物事が行われる際の一定の順序。「式の次第を書き出す」
  1. 今まで経過してきた状態。なりゆき。「事の次第を話す」
  1. 物事の、そうなるに至った理由。わけ。事情。「そんな次第で明日は伺えない」
  1. 狂言の構成部分の一。七・五、返句、七・四の3句からなる拍子に合った謡。シテワキなどの登場第一声として、また曲舞 (くせまい) 乱拍子の序歌としても謡われる。
  1. 能や狂言で、シテ・ワキなどの登場に用いる囃子事 (はやしごと) 。大鼓・小鼓に笛があしらい、続いて4が謡われる。
  1. 歌舞伎囃子 (ばやし) の一。5を取り入れたもので、能がかりの登場音楽として用いるほか、「関の扉 (と) 」などの幕開きにも奏する。
  1. [接尾]
  1. 名詞に付いて、その人の意向、またはその事物の事情のいかんによるという意を表す。「あなた次第でどうともなる」「この世はすべて金次第」
  1. 動詞の連用形に付いて、その動作が行われるままにという意を表す。「手当たり次第に投げつける」「望み次第に買い与える」
  1. 動詞の連用形または動作性の名詞に付いて、その動作がすむと直ちにという意を表す。「満員になり次第締め切る」「本が到着次第送金する」

し‐だい【次第】の慣用句

  1. しだいおくり【次第送り】
    • 次々に譲り渡していくこと。順送り。
  1. しだいがき【次第書(き)】
    • 事物の由来、行事の順序などを書いた文書。「儀式の―」
  1. しだいがら【次第柄】
    • 事の成り行き。仕儀。
      「斯う斯う云う―だから」〈福沢福翁自伝
  1. しだいし【次第司】
    • 平安時代、祭りや行幸などの次第を差配し、道の往来や行列のことなどをつかさどった役。
  1. しだいしだいに【次第次第に】
    • [副]少しずつ順々に。だんだんに。「―風雨が強まる」
  1. しだいだな【次第棚】
  1. しだいちょうじゃ【次第長者】
    • 次第次第に金持ちになった人。次第分限(ぶんげん)
      「西国に並びなき―となりて」〈浮・永代蔵・三〉
  1. しだいな【次第名】
    • 兄弟の順序に従ってつけた名。長男を太郎(一郎)、次男を次郎(二郎)、三男を三郎などと命名する類。
  1. しだいに【次第に】
    • [副]
    • 物事の程度や状態が少しずつ変化・進行するさま。だんだんと。徐々に。「病気が―よくなっていく」
    • 序列・順序に従って物事をするさま。順々に。
      「数(あまた)の検非違使(けびゐし)官人等、東西に―着(ちゃく)し並みたり」〈今昔・一七・二二〉
  1. しだいふどう【次第不同】
    • 順序や手続きが正しくないこと。順不同。
    • 長さがまちまちで不揃いなこと。
      「寸は―」〈虎明狂・粟田口
  1. しだいぶんげん【次第分限】
  • し‐だい【次第】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・今考えても莫迦莫迦しい次第さ。

      芥川竜之介「一夕話」

    • ・・・自体何をすればいいのか、それさえ見きわめがついていないような次第です。

      有島武郎「親子」

    • ・・・という番頭の声に連れて、足も裾も巴に入乱るるかのごとく、廊下を彼方へ、隔ってまた跫音、次第に跫音。

      泉鏡花「伊勢之巻」