• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

じつ‐めい【実名】 の意味

  1. 仮名・通称などに対して、本当の名前。本名 (ほんみょう) 。じつみょう。「―を伏せる」

じつ‐めい【実名】の慣用句

  1. じつめいしょうせつ【実名小説】
    • モデルとする人物を、実名のまま用いて作中人物とした小説。
  • じつ‐めい【実名】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その歴史的な亀裂の間から、肉体派小説論、中間派小説論が日本小説のフィクション性を主張して湧き出たが、その文学の空虚な実体があきられて、記録文学の流行を導き出し、その目新しさも忽ち古びて現在では実名小説がはやりはじめた。

      宮本百合子「現代文学の広場」

    • ・・・ちかごろあらわれる実名小説というものも、そこにどういう理窟がつけられようとも、日本の現実におけるそれらの作品の大部分は、私小説から一層文学としての努力をぬきにしてそれを裏がえしたものにすぎない。

      宮本百合子「心に疼く欲求がある」

    • ・・・現代文学の素質は戦後になってから戦時中の荒廃をとりもどすどころか、実名小説にまで低下して来た。

      宮本百合子「しかし昔にはかえらない」