• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しつ‐れい【失礼】 の意味

  1. [名・形動](スル)
  1. 他人に接する際の心得をわきまえていないこと。礼儀に欠けること。また、そのさま。失敬。「失礼なやつ」「先日は失礼しました」
  1. 他人のもとを立ち去ることのていねいな言い方。「お先に失礼します」
  1. [感]軽く謝るとき、人に何かたずねたり頼んだりするとき、また人と別れるときなどのあいさつの言葉。「失礼、ちょっと前を通してくださいませんか」「また近いうちに会おう、では失礼」
  1. [用法]失礼・[用法]失敬・[用法]無礼失礼失礼「人の足を踏んでおいて謝りもしないとは失礼な(失敬な・無礼な)やつだ」のように、礼儀を心得ないの意では相通じて用いる。◇「失礼」は、問いかけたり、わびたり、別れたりするときなど、礼儀に外れないために、もっとも普通に男女ともに用いる。また、相手が目上・同輩・目下だれにでも使える。「失礼ですが、山本さんでいらっしゃいますか」「お名前を読み間違えてたいへん失礼いたしました」「お先に失礼」など。◇「失敬」は、やや古い語で、主に男性が同輩・目下に対して使う。敬意の程度は「失礼」よりも軽く、「きのうは失敬した」「これで失敬するよ」などと用いる。◇「無礼」は古風な語で、目上に対して身分をわきまえないという意味合いを含む。「ご無礼いたします」「この無礼者」
  • しつ‐れい【失礼】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・いや、こりゃ失礼

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・こう申すと失礼のようだが、それほどあの戦争の史料には、怪しいものが、多いのですね。

      芥川竜之介「西郷隆盛」

    • ・・・この大事なお話がすまないうちにそんな失礼なことができるものか」 と矢部の前で激しく彼をきめつけた。

      有島武郎「親子」