• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しで【四手/垂】 の意味

  1. 《動詞「し(垂)ず」の連用形から。「四手」は当て字》
  1. 玉串 (たまぐし) 注連縄 (しめなわ) などにつけて垂らす紙。古くは木綿 (ゆう) を用いた。→〆の子
  1. 白熊 (はぐま) の毛で作った払子 (ほっす) に似たもの。槍の柄につけて槍印とする。
  1. カバノキ科クマシデ属の落葉高木の総称。イヌシデアカシデクマシデなど。
  • しで【四手/垂】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そこには四五本の棕櫚の中に、枝をらした糸桜が一本、夢のように花を煙らせていた。

      芥川竜之介「神神の微笑」

    • ・・・池の左右に植わっているのは、二株とも糸檜に違いない。

      芥川竜之介「奇遇」

    • ・・・ それより以前にも、仁紀を見ると、八十七年、丹波の国の甕襲と云う人の犬が、貉を噛み食したら、腹の中に八尺瓊曲玉があったと書いてある。

      芥川竜之介「貉」