• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しばり‐くび【縛り首】 の意味

  1. 縄で首をしめて殺すこと。また、その刑。絞首刑。
  1. 戦国・江戸時代の刑罰の一。麻縄で罪人を後ろ手にしばり、首を前に突き出させて切るもの。
  • しばり‐くび【縛り首】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「林右衛門めを縛り首にせい。

      芥川竜之介「忠義」

    • ・・・これが無礼と見られ遂に権兵衛は縛り首にされ、一族は山崎の屋敷で悲惨な最期をとげてしまった。

      宮本百合子「鴎外・芥川・菊池の歴史小説」