ぺいんくりにっく【ペイン・クリニック】


 痛みを抑える治療をペイン(痛み)・クリニックといい、麻酔科で行なわれることが多いのですが、脳神経外科や神経内科で行なっている病院もあります。たいていは、痛み外来またはペイン・クリニック外来という名称で実施しています。
 いろいろな鎮痛薬(ちんつうやく)の内服や坐薬(ざやく)ではどうしても止められない痛みや、いったんは止まっても再発をくり返す慢性の痛みに対して行なわれることが多く、この治療で、がんこに再発をくり返している痛みから、解放される場合が少なくありません。
 方法は局所麻酔と同様に、神経に麻酔薬などの鎮痛薬を注入します。


出典:家庭医学館