みかくしょうがい【味覚障害】

【英】Taste Disorder

どんな病気か

 おもに食物の味がわからなくなる病気ですが、何も食べていないのに口の中で苦い・甘い・渋いなどの味がしたり(自発性異常味覚(じはつせいいじょうみかく))、何を食べてもまずく感じてしまったりすることもあります。
 味覚障害は、年をとるとおこりやすく、高齢になるとこの病気になる人が増えてきます。

原因

 味覚障害は、単なる症状にすぎず、その原因は、さまざまです。
 病気の治療のために服用している薬剤が原因であったり(薬剤性味覚障害(やくざいせいみかくしょうがい))、体内の亜鉛(あえん)の量が不足していたり(亜鉛欠乏性味覚障害(あえんけつぼうせいみかくしょうがい))するほか、糖尿病、あるいは腎障害(じんしょうがい)、肝障害といった全身性の病気が原因になっておこることもあります。
 また、いろいろな検査を行なっても原因が明らかにならない味覚障害(特発性味覚障害(とくはつせいみかくしょうがい))もあります。
 これらの頻度が高いのですが、そのほかに頭部外傷、中耳炎(ちゅうじえん)、顔面神経まひ、口内炎(こうないえん)なども味覚障害の原因になります。
 嗅覚障害(きゅうかくしょうがい)を味覚障害と勘ちがいする場合も珍しくなく、これを風味障害(ふうみしょうがい)といいます。

検査と診断

 耳鼻咽喉科(じびいんこうか)を受診して検査を受けるべきです。
 耳、鼻、口腔(こうくう)の診察の後、血液・尿、肝機能・腎機能の検査のほか、亜鉛・銅・鉄などの血清中(けっせいちゅう)の微量金属の検査が行なわれます。
 味覚そのものの検査としては、電気刺激による味覚検査や味の溶液を用いた検査が行なわれます。

治療

 原因によって治療法が異なります。
 亜鉛欠乏性味覚障害は、亜鉛剤を内服します。
 原因不明の場合も、この亜鉛剤内服が有効なことが多いため、同じ治療になります。
 薬剤性味覚障害は、原因薬剤の使用を中止したり、減量したりする必要があります。これに亜鉛剤の内服がつけ加えられることもあります。
 頭部外傷や顔面神経まひの場合は、神経障害に効果が期待されるビタミン剤や循環改善薬などが使われます。
 口内炎や口の乾きがひどい場合などには、含嗽(がんそう)(うがい)などで口腔内を清潔に保つようにします。

日常生活の注意

 いつも口の中を清潔に保つことがたいせつです。
 食事は、野菜、魚介類、肉類をバランスよくとります。これらの食事の注意は、亜鉛を十分に摂取するためにもたいせつです。
 保存料の多い食品は避けるようにします。保存料は亜鉛代謝に悪影響をおよぼすと考えられるためです。
 また、不必要な薬剤の服用は中止します。

予防

 日常生活の注意を日ごろから心がけることで、かなりの味覚障害が予防できると思われます。
 薬剤については、とくに高齢者の常用薬に注意が必要です。


出典:家庭医学館