いさんかたしょう【胃酸過多症】

【英】Gastric Hyperacidity

どんな病気か

 胃酸(いさん)は、胃の粘膜(ねんまく)に存在する壁細胞(へきさいぼう)から胃内腔(いないくう)へ分泌(ぶんぴつ)される塩酸です。
 塩酸が過剰に分泌され、胃内酸度が異常に高い状態が胃酸過多(いさんかた)です。胃酸過多によって、胸やけや呑酸(どんさん)(胃液が胃から口へこみあげること)などの酸症状(さんしょうじょう)を現わすことを、胃酸過多症(過酸症(かさんしょう))といいます。

原因

 壁細胞の増加、高ガストリン血症、胃液分泌抑制ホルモンの減少などが、胃酸過多をひきおこします。胃酸過多をおこす疾患には、胃潰瘍(いかいよう)の一部、十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)、ゾリンジャー・エリソン症候群(ランゲルハンス島にできたガストリン産生腫瘍(さんせいしゅよう)によって、難治性(なんちせい)で再発性の消化性潰瘍をおこすもの)、胃幽門前庭部空置症候群(いゆうもんぜんていぶくうちしょうこうぐん)(幽門前庭部を残して胃切除した後、残胃の胃酸分泌が亢進(こうしん)し、さまざまな症状や病気をおこす)、小腸広範切除後、副甲状腺機能亢進症(ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう)などがあります。

検査と診断

 胃液の酸度、胃酸分泌機能を検査し、酸性が強かったり分泌能の高まりがみられれば、胃酸過多症と診断されます。
 胃酸分泌刺激ホルモンであるガストリン、またはヒスタミンを注射し、チューブから胃液を採取する胃液検査法(いえきけんさほう)がありますが、最近ではほとんど行なわれていません。内視鏡下に胃液を採取して、その胃液の酸度(pH)を測定することが、ときに行なわれます。

治療

 プロトンポンプ阻害薬やH2受容体拮抗薬(じゅようたいきっこうやく)などの胃酸分泌抑制薬が使用されます。胸やけや呑酸がみられれば、酸症状の対策にそった治療が行なわれます(コラム「酸症状のいろいろと対策」)。日常生活の注意は、香辛料(こうしんりょう)、コーヒー、アルコールなどは、胃酸の分泌を促しますので、避けるようにします。


出典:家庭医学館