• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いちよう-らいふく【一陽来復】

  1. 一陽来復 意味
    • 冬が終わり春が来ること。新年が来ること。また、悪いことが続いた後で幸運に向かうこと。陰の気がきわまって陽の気にかえる意から。▽もと易えきの語。陰暦十月は坤こんの卦にあたり、十一月は復の卦にあたり、陰ばかりの中に陽が戻って来たことになる。「復」は陰暦十一月、また、冬至のこと。
  2. 一陽来復 出典
    • 『易経えききょう』復ふく
  3. 一陽来復 句例

      ◎一陽来復の兆し

  4. 一陽来復 用例
    • この冬いっぱいも無精をして引きこもっていれば、春にはそれこそ、一陽来復でまた元気になるよ。<野上弥生子・秀吉と利休>