• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょうか-てんこう【上下天光】の意味

新明解四字熟語辞典

    • 空と水とが一つになって、明るく輝くさま。▽「上下」は天地、空と水をいう。「天光」は空一面に輝く日の光。ここではそれが水面にも映り輝き、天にも地にも光が満ちあふれたさまをいう。「上下」は「じょうげ」とも読む。
  1. 上下天光の出典
    • 范仲淹はんちゅうえん「岳陽楼記がくようろうのき