がいじゅう-ないごう【外柔内剛】

  1. 外柔内剛 意味
    • 外見は穏やかでやさしそうだが、心の中は何事にも左右されない強い意志をもっていること。外見は弱々しく見えるが、案外気の強いことにもいう。▽「柔」は穏やかなこと。おとなしいこと。「剛」は意志などが強いこと。「内剛外柔ないごうがいじゅう」ともいう。
  2. 外柔内剛 出典
    • 『晋書しんじょ』甘卓伝かんたくでん
  3. 外柔内剛 句例

      ◎外柔内剛の営業マン

  4. 外柔内剛 用例
    • 所謂いわゆる外柔内剛で、口当りは一寸ちょっと柔いが、心が確しっかりしている、行り出すと極端まで行るです。<二葉亭四迷・其面影>