にょにん-きんせい【女人禁制】

  1. 女人禁制 意味
    • 特定の場所や行事に、女性の立ち入りや参加を禁止すること。▽かつては女性は汚れが多く、修行の妨げになると考えられていた。昔の高野山などが有名。これに対し、女性の参詣を許した場所に「女人~」の俗称がつくこともある(例―女人高野にょにんこうや、奈良県室生むろう寺)。「制」は「ぜい」とも読む。
  2. 女人禁制 句例

      ◎女人禁制の道場

  3. 女人禁制 用例
    • 女人禁制とばかり思っていた吉原の郭くるわの中は、まだ時間が早くて森閑としていたが<瀬戸内晴美・青鞜>