もうひょう-たざい【妄評多罪】

  1. 妄評多罪 意味
    • でたらめで無遠慮な批評をしたことを、深くわびること。他人の文章などへの批評のあとに書く謙譲語。▽「妄評」はいい加減な批評。「多罪」は無礼などを謝る手紙文の言葉。「妄」は「ぼう」とも読む。
  2. 妄評多罪 用例
    • そして君は一兵卒の四角な素朴な意識をもって君の人生を踏みなおさなければならぬ。妄評多罪<石坂洋次郎・若い人>
  3. 妄評多罪 類義語