けんど-ちょうらい【捲土重来】

  1. 捲土重来 意味
    • 一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返すことのたとえ。巻き起こった土煙が再びやって来る意から。▽「捲土」は土煙が巻き上がることで、勢いの激しいことのたとえ。「重来」は再びやって来ること。もとは一度敗れた軍が再び勢いを盛り返して攻めて来ることをいった。「捲」は「巻」とも書く。また、「重」は「じゅう」とも読む。
  2. 捲土重来 出典
    • 杜牧とぼく「烏江亭うこうていに題だいす」(詩)
  3. 捲土重来 句例

      ◎捲土重来を期す

  4. 捲土重来 用例
    • 来春再び上京して捲土重来今度は政治方面を志したいと思っております。<丸谷才一・思想と無思想の間>