あび-きょうかん【阿鼻叫喚】

  1. 阿鼻叫喚 意味
    • 非常な辛苦の中で号泣し、救いを求めるさま。非常に悲惨でむごたらしいさま。地獄に落ちた亡者が、責め苦に堪えられずに大声で泣きわめくような状況の意から。▽「阿鼻」は仏教で説く八熱地獄の無間むけん地獄。現世で父母を殺すなど最悪の大罪を犯した者が落ちて、猛火に身を焼かれる地獄。「叫喚」は泣き叫ぶこと。一説に八熱地獄の一つの大叫喚地獄(釜かまゆでの地獄)の意。
  2. 阿鼻叫喚 句例

      ◎阿鼻叫喚をきわめる

  3. 阿鼻叫喚 用例
    • 幾十万にも及ぶ広島在住の無辜むこの民を一瞬にして阿鼻叫喚の地獄に晒さらしたということであります。<井伏鱒二・黒い雨>