• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さい【才】 の意味

  1. [音]サイ(漢) ザイ(呉)
  1. 学習漢字]2年
  1. 持ち前の能力。「才覚才人才知才能異才英才鬼才秀才商才多才天才非才文才凡才
  1. [名のり]かた・たえ・とし・もち
  • さい【才】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・わたしはスウィフトほど頭の好い一代の鬼に生まれなかったことをひそかに幸福に思っている。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」

    • ・・・ そのほか、八月十四日の昼には、天文に通じている家来の木茂右衛門と云う男が目付へ来て、「明十五日は、殿の御身に大変があるかも知れませぬ。

      芥川竜之介「忠義」

    • ・・・そりゃのあるのも学のあるのもあろうけれど、出来のえい気に入った若いものといえば、あの男なんぞは申し分がない。

      伊藤左千夫「春の潮」