し・める【占める】

  1. [動マ下一][文]し・む[マ下二]
  1. あるもの・場所・位置・地位などを自分のものとする。占有する。「三賞を一人で―・める」「国際経済の中で重要な役割を―・める」「業界トップの座を―・める」「連番で座席を―・める」
  1. 全体の中である割合をもつ。「賛成が過半数を―・める」「ビルの八割をテナントが―・める」
  1. (「味をしめる」の形で)体験して、うまみを知る。良さを知って、次を期待する。「一度味を―・めたらやめられない」
  1. 《自分のものにするところから》食べる。
    • 「すき焼きを―・めたあとで、葱 (ねぎ) の湯どおしをあがってごろうじろ」〈魯文安愚楽鍋
  1. ある才能・性質などを備える。
    • 「いとあはれと人の思ひぬべきさまを―・め給へる人柄なり」〈・浮舟〉