しゅ‐ぎょく【珠玉】

  1. 海から産する玉と、山から産する玉。真珠と宝石。たま。「金銀―を飾る」
  1. 美しいもの、りっぱなもののたとえ。特に、詩文などのすぐれたものを賞していう。「―の短編」
  1. 珠玉の瓦礫に在るが如し
    • 《「晋書」王衍伝から》珠玉が瓦(かわら)や小石の中にまじっているように、りっぱな人物がつまらない人々の中にまじっていることのたとえ。