しゅ‐ちゅう【主柱】

  1. 建築物を支える中心の柱。転じて、全体を支える最も重要なもの。「国づくりの―は教育である」