じゅ‐りょう〔‐リヤウ〕【受領】

  1. [名](スル)
  1. 物や金を受け取ること。「会費を―する」
  1. ずりょう(受領)
  1. 江戸時代、優秀と認められた職人・芸人などが栄誉として国名を付した一種の官位を名のることを許されること。また、その人。竹本筑後掾 (ちくごのじょう) など。
  1. じゅりょうがみ【受領神】
    • 受領(ずりょう)に任ぜられ、憑物(つきもの)がついて人が変わったように高慢になり、いばりちらすこと。また、その心。
      「鎌倉殿に―つき給はずは、よも忘れ給はじ」〈平家・一二〉
  1. じゅりょうしょう【受領証】
    • 受領したことを認める証書。うけとり。
  1. じゅりょうちたい【受領遅滞】
    • 債務者債務弁済の提供をしたのに、債権者がその受領を拒否すること、または受領することができないこと。債権者遅滞。

「じゅ‐りょう〔‐リヤウ〕【受領】」の前の言葉

「じゅ‐りょう〔‐リヤウ〕【受領】」の後の言葉